読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレフに出家している者です。

アレフの出家の真相について、実態について、赤裸々に書いてみます。

洗脳されてる!?

普通の人は、アレフやオウムの信者になるということは、「洗脳されているんだ」「盲信しているんだ」と考えることでしょう。

あるいは、そこまでいかなくても、「なんで宗教なんかを信じるんだ?」

と思うでしょう。

 

ましてや出家なんてのは、正気の沙汰ではない!と思うでしょう。

私も自分で、「よくアレフに出家したな」と思うことがたまにあります。

 

というのも、私も入会したときは、アレフとわかってものすごい衝撃でした。

私は友人の勧めで法則を学び始めましたが、当たり前ですが、初めから「アレフの教義だよ」なんて紹介してくれてから教えてくれたわけではありません。

初めから明かされたら、たとえそれが親友でも、恋人だったとしても普通は拒否するでしょう。

 

というわけで私も、入会直前で明かされたわけですが...

私の場合は、たとえではなく本当に親友からだったのですが、やはり「自分は騙されたのかな?」と初めは思いました。

しかし、もう一度自分で、学んできた法則は矛盾がないのか、考え直してみましたが、

やはり矛盾はありませんでした。

というと、

「いやいや、それが洗脳されてるんだって」

 

と 思われるでしょう。

 

私の上長の師の方も、ご自身がオウムに入会した当時は、「洗脳されているんだ」と周りに冷やかされ、からかわれた経験がおありとのことでしたが、

その時はこう言い返されたそうです。

「そうだよ、洗脳されてるんだよ。汚れきった頭の中をジャブジャブ洗ってもらってるんだ」

 

要は、その名前が何にせよ、中身が本当にその人に利益をもたらすか、というところがポイントということです。

 

仏教では、この宇宙のものは一切が無常(一定ではなく、必ず変化し続けている)であり、永遠のものはない、という考え方です。

これが本当なら、私たちが幸せだと思っている日常のことがすべて、永遠のものではなく、その瞬間だけの喜びであったり、

瞬間ではなくても一時的なもの、ということになります。

 

だから、その喜びが終わったらさみしさや、満たされない感覚がやってくる、つまりこれが「苦しみ」なんだよと説いているわけです。

そして、それは満たしても満たしてもきりがないんだ、

だからそういうものからは離れる「修行」をして、「解脱・悟り」を得るぞ、

ということなのです。

 

もちろんこれはアレフだけではなく、スリランカチベットブータンなどの仏教国ではこの仏教思想に則った生活をしています。

 

なので、この考え方が前提なら、今の世の中の考え方が苦しみを与えるんだ、ということで「汚れている」と言えるわけで、

その考え方を改めるために「洗ってもらっている」という表現になるわけです。

 

逆に、仏教思想を「汚れている」とするなら、

「そんな宗教やっても意味がないんだ」

ということになるわけです。

 

というわけで、はたしてアレフの教えを信仰することは洗脳されていることになるのか、という問いに関しては、

仏教思想を前提をとするかどうかによる、

ということがひとつの答えになりそうです。